サンドウイッチの美味しさ・作り方のコツ

サンドウイッチは手軽に作るもの

初秋になり季節に変わり味覚もそれに応じて変わってきますね。食は気候などによって変わるものです。今日はサンドウイッチが食べたくなり作ることにしました。沢山作りすぎて知人に食べてもらうことを考えましたが、ちょうどお昼で喜んでいただきました。サンドウイッチは手軽にできるものとして良く作る料理の一つです。
サンドウイッチは手軽にできるものですが、何か難しく考えていることがありませんか。その原因は美味しく作れないとか手間なものだというイメージを持つ方があるかもしれません。

野菜サンドは野菜に塩をふっておくと美味しいサンドイッチができますね。野菜は水分が多く含まれているた水分がパンにす染み込んで水っぽくなるのが美味しくないと言われる原因の一つです。

野菜に2~3%の食塩をふっておくと15分~20分で水分が流れでます。濃度を4~5%にすると水分が流れ出る時間はもっと早くなります。

浸透圧の原理は料理の原理

 

「浸透圧」などと聞くと難しいと感じる人が多いと思いますが、日常調理する場合おこっている原理です。わかっている方が多いと思いますが少し触れてもますと、物理変化の一つの原理です。濃度が浸透膜と言うものを通じて濃いものから薄いものにしみ込んでいく。薄いものが濃いものを吸収していくまた行き来する現象などですが、調理に限らず私たちの人体でも起こっている現象です。調理はこの現象を通じて味つけなどを行っています。塩加減などもこの原理ですね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B8%E9%80%8F%E5%9C%A7

サンドウイッチを作る手順

サンドウイッチは誰でも簡単に作れるものですがめんどうだと考える人はそのめんどうをどこで思うのでしょうか?

準備、作ることそれともかたずけ・・・そんなことをクリアすればめんどから解放されることになります。日常の食は大事なものと思いますがいつしか出来もの買う方向に流されてしまいがちです。料理は自分で美味しいように作ることができ合理的なことと思いますね。

私の手順を紹介します。冷蔵庫にある材料で作れば良いと思いますが、以下の手順で行なっています。

1、どんなサンドウイッチを作るのか

2、材料の選定

①サンドウイッチのパン

②バターカーマーガリン・・・冷蔵庫から出し柔らかくして置きます。

③マヨネーズ

④野菜類・・・レタス、きゅうり、トマトなど

b⑤卵、ハムやウインナーなど

⑥塩コショウ

*準備のものは調理台に作業のしやすいように乗せておく

3、手順

①材料を準パッドに切り分けて置きます

②材料の調理・・・薄焼き玉子を焼くなど材料の調理

③テーブルにラップ敷き、バター、マヨネーズは使う量だけ、小皿などに取り分け、バター、マヨネーズと流れ作業的行積み重ねていきます。

④野菜類なども順序良く挟んで積み重ねていきます。

*手順良くやることが早く出来ますね。

*具材を挟む事が出来れば敷いていたラップで包み冷蔵庫寝かせます。

*冷蔵庫で寝かせることで味がしみ美味しいサンドウイッチになりますね。

*これ一つの例としましたが、自分なり手順を考えて慣れていく事がめんどくさいから解放される事が美味しいサンドウイッチが作る道筋ではないか思いますね。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA